使命


「正しい心」と「合理性」をいつも忘れずに、悩みを抱えた人の問題解決を使命とし、その貢献こそが自分自身の人生を豊かにする重要な要素と捉えています。

企業経営において、「正しい心」と経済は両立させなければなりません。正しい心の追求と、利益の追求は、お互いが相容れないように解釈されるかもしれませんが、利益を生む根源に「正しい心」があるべき。「正しい心」を貫くには苦しく面倒で大変な時があるかもしれませんが、正しい心で得られた利益でなければ、その会社は永続出来ないでしょう。正しい心と合理的は両立していかなくてはならないのです。

ストレイトライドは我なり、思考であり、感情である

人は悩み、苦しむものです。それは、人との関わりあいの中で答えは一つではないからです。自分が正しいと思った判断は、お客様にとってそう感じないことかもしれない。人生の先輩に苦言を言わなくてはいけない時があるかもしれない。国籍、性別、年齢、属性が違えば価値観も違う。そもそも価値観や社会のあり方が激しく変化している今、これまでの社会規範が正解とも言えません。いったい何が正義なのか?その根底から向き合わなくてはいけない場面もあるでしょう。難しい選択を迫られた時、何を選ぶべきかを深く考え、悩んだ先に成長があり、人生が豊かになるのです。

依頼主の成功が、我の成功なり

選択肢を選ぶ基準はお金ではなく「お客様の成長」であるべきーこれはストレイトライドが最も大切にしている考え方です。
成功は人に与えられるものではなく、人に成功を与えることで、巡り巡って自分に返ってくるものです。喜んでいただける姿をみて清々しくやりがいを感じ、やりがいは喜びに繋がる。仕事で得られた喜びは自身の活力となり、さらに次の成功へと繋がります。お客様の成功は自分の成功なのです。迷った時は利己心を抑え、自分自身がストレイトライドであることに立ち戻って考える。その姿勢でいれば、どんなに難しい選択を迫られた時でも、判断を誤ることはありません。

一人の意志でマーケットは創造できる

目の前にある市場需要を勝ち取るのも大切ですが、一歩俯瞰して見てみると新しい世界が見えてくることもあります。日々、アンテナを張り巡らし、新たな領域に挑戦する意識が、未来の常識を創りだすかもしれません。常に自分自身のもつ無限の可能性を信じ、勇気をもって挑戦するという姿勢で仕事をすると、毎日の仕事も違った見方で取り組むことができます。
私たちの挑戦は現状にとどまることがありません。既存の概念にとらわれない斬新な発想で徹底的に考え抜き、マーケットの期待を超える付加価値を創造することに挑戦し続けます。