竹中 基主任 不動産投資コンサルタント

覚悟を決めてとことん向き合ったら、仕事がどんどん楽しくなった

とにかく「稼ぎたい」ただそこから始まりました

なかなかストレートな表現ですが、 「稼ぎたい」という欲深い貪欲さがあって、そのエネルギーを仕事に変えてます。頑張れる源です。もともと金属系の会社で働いていたのですが、でもどこかしっくりこないというか、物足りないような思いがあって、それでこのままじゃダメだと思って、巡り巡って最終的にストレイトライドに転職したんです。最初は戸惑うことばかりでしたが、今は自分なりの営業スタイルも確立できてきて、毎日楽しく仕事させてもらっています。不動産って、金額が大きい。人生のなかでいろんなモノを買うけど、そのなかでも特に大きな買い物になると思います。お客様にもそれぞれいろんな想いや期待、不安があり、様々な問題をひとつひとつクリアにして、最終的に納得いったところで契約・決済となります。そういった瞬間に一緒に立ち会える機会は、この仕事でないと味わえない貴重な経験です。もちろん、お客様にとっては利益を出すために投資する以上、リスクや解決しなければいけない問題も多いので、責任も重大ですが、それも楽しみの一つです。

ストレイトライドに入社する直前の職場は、いわゆる「高級ホテル」と呼ばれる場所で働いていました。当時も、日常的には出会えないような方々への接客で、言葉遣いから身だしなみ、立ち振る舞いまで、できるだけ吸収したいと考えていました。そう考えると、昔から上にいきたい、という想いは人一倍強い人間なのかもしれません。冷静さや客観視も大切ですが、最近は熱というか、欲望も時には大切だと心にとめています。あともうひとつ、大事に思っているのが「人とのつながり」です。この仕事をしていないと、自分なんかでは出会えない方とたくさんお話する機会、チャンスをいただけます。たとえ一回の商談で契約につながらなかったとしても、お客様との話をする時間は私の大切なエネルギー源ですし、何より相手の真のニーズを見出すことが私の仕事だと思っています。

自分の価値=相手の感動
自信と決断力はお客様にもらいました

一度だけ、契約して手付金まで払っていただいたのに、直前で打ち切りになったことがありました。借地権付きの物件で、お客様と地主との間にトラブルがあり、本当に悩みました。すでに契約済という状況でしたが、本当にお客様にとって良い選択とは何かを考え、案件を進めさせていただきました。厳しい現実も含めてです。
すべてはここに書けませんが、結果その物件からは手を引くことにしました。申し訳ないという気持ちと、伝えなければいけない現実に苦しみましたが、お客様からは意外な言葉が返ってきたんです。「私も竹中さんの考えが正しいと思います、言ってくれてありがとう」と。その時のお客様とはその後も途切れることなく、他の物件でも賃貸管理を弊社に委託してくださり、良い関係を築けています。決断に迷うことは、正直あります。ただ、自分の決断に自信と責任をもって対応していくことが何より大切。葛藤や周りの状況に流されず、理想の自分に向けて成長していこうと思っています。

無理をさせないこと

物件の売買で必ず起こる問題、融資、物件自体の瑕疵、借地権の有無、金額の交渉などなど、不動産のプロとして、ダメなモノはだめ、やめたほうが良いと思ったときはストレートにお伝えするようにしています。なぜ、金額がここまで安いのか?問題や懸念はないのか?資本金や経済力に対して物件は妥当か?仕事上の立場としては、購入していただきたいというのが前提ですが、お客様に利益があることが大前提と思っています。お客様の利益とかいうと、綺麗ごとに聞こえるかもしれませんが、もっとストレートにいうと、後悔してほしくない、です。私も最初は、お客様に気をつかって遠回りに、失礼にならないようにと、言葉を選んで話を進める事もありました。でもそれ自体が失礼というか、プロ意識に欠けていたなと今では思うようになりました。
投資で失敗したなんていう話もよく聞きますが、そういう場合きっとどこかで見落としがあったはずなんです。自分に担当させていただいていれば、と悔しく思うこともありますし、一度失敗した方にも是非もう一度チャレンジしていただきたいです。

今だからこそ、攻めの営業
最適な物件、 必ず見つけます

攻めの営業と聞くと、いかにも不動産屋という印象を与えてしまうかもしれません。

ただ、ひとつ確認せてください。“いまの希望条件、検討物件、本当に大丈夫でしょうか。ご自身に合っていますか?“
投資の落とし穴は検討段階からはじまっています。買ってみたら思っていた収支と違った、予想していた出口想定と大幅に差が出てしまった、リーシングリスクが早く発生してしまった、など。一概には言えませんが、「今の段階」の希望条件が、必ずしも将来にわたる正しい選択だとは限りません。もちろん、間違っているわけでもありませんが、もっと改善できる場合が数多くあります。資産状況、家族構成、物件の価格、空室リスク、様々な角度から考えて、ニーズの見直しから一緒に考えさせていただいています。そういう意味で、受け身ではなく、能動的に、攻めの営業で、ハッキリ言います。時には、お客様との商談で、自分が気づかせてもらうことも多々あり、嘘のない、余計な遠慮やストレスは省いて、物件を選定していただけるよう、日々心がけています。

一緒に働く営業同士でも、ひとりひとり強みが違います。物件と同じように、気の合う担当者も選んでいただければと思っています。こちらから押しの営業をすることはありませんが、お客様のリピート率が高いことも、弊社の強みです。ご購入後の賃貸管理やリーシングリスク、そのほかの懸念についても、しっかりアフターフォローできるよう体制を整えていますので、気軽に相談してもらえると嬉しいです。

自分を、会社を、世の中を変えていく

学生の時、「社会人になる」って何か堅苦しく聞こえてなりませんでした。会社や世の中に縛られるような気がして・・・。実際にそのように感じている社会人も多いのかもしれません。でも、それは自分の意識次第だと思っています。自分の思いや働きが会社を動かし、お客様の心を動かし、そして世の中を変えていく。社会の中でそんな事ができるのって素敵ですよね。そのために私はまず自分を変え、理想の自分に向って成長することを大切にしています。自分自身と向き合い、理想の自分に向かってチャレンジする仲間と出会い、共にストレイトライドを変え、共に世の中を変えていくことが今の私の夢です。「ベンチャーだから、好きに自由にできる」というのは間違い。ベンチャーだから、ひとりひとりの実力が浮き彫りに出ます。この仕事だけをすれば良い、というマニュアルはありません。その代わり、自分のやりたいことが仕事になります。もちろん、何でもOKが出るわけではありませんが、大きな会社とは違って、実際に起業しているような、ベテラン層の人生の先輩とも家族のように話ができますし、距離が近いと感じます。その分、吸収できるスピードも上がるし、向上心の強い人間にとっては最高のステージだと思います。厳しさや苦労は、達成感や喜びが打ち消してくれますよ!

社内イベント・オフショット